結果発表 いのちつないだワンコ部門 佳作

受賞作品発表!

環境大臣賞 いのちつないだニャンコ部門 佳作 いのちつないだワンコ部門 佳作 みみ先カット猫部門 佳作

いのちつないだワンコ部門 佳作

「あなたは『イイヒト』ですか?」

「あなたは『イイヒト』ですか?」
まお

2年前、6頭の仔犬が段ボールに詰められ路上に捨てられました。 我が家にその内の2頭がやってきて、新しい飼い主さんを探すまで預かりました。 今は6頭それぞれが優しい飼い主さんの元、かけがえのない家族として幸せに暮しています。 捨てられたのは「小さな命」なんかじゃない。 人間と同じ「たった一つの大切な命」です。

お花、ダイスキ。

お花、ダイスキ。
chocolat

崩壊した広島ドッグぱーくより、我が家に迎えた仔です。当時、あまりにガリガリで、骨格標本のような体つきでした。
3年と少し、先住犬のレオポルドと姉弟のように仲良く、そしてのんびりした日々を幸せに過ごしていましたが、昨年11月に急死いたしました。短い間でしたが、私にたくさんの幸せを残してくれたココアです。

ヨットハーバーにて

ヨットハーバーにて
GAZU

2006年11月。
インターネットの里親さがしのサイトで出会い、我が家の長女として迎えました。
2009年10月。
癌のため虹の橋を渡りました。
たくさんの笑顔を残して旅立ちました。
たった3年間しか一緒にいられなかったけど、多くのことを教えてくれた長女でした。

新たな門出!一緒だよ・・・

新たな門出!一緒だよ・・・
コタ乃

処分が決定していた子で私がそこの職員(センター)でした。まだ仕事を始めて間もないころ出会いました。
この子は里親が決まらず、私の家族となりました。それからは命の尊さを伝えるマスコット犬、しつけのデモ犬として仕事のパートナーでもありました。
そして、私がお嫁に行った時は一緒に婿入りしました。この時は突然の別れなんて想像もつかなかった・・・。
日々葛藤しながら現実と向き合っているけど・・・私と虎太郎みたいな出会いが一つでも多くありますよう。

いつも、一緒。

いつも、一緒。
きなこ

里親キャンペーンで出会った、くまちゃん。
動物病院の里親募集で出会った、ハピちゃん。
笑うことを知らなかったふたりが、
こんなに毎日笑ってくれるようになりました。

きれいになったの!

きれいになったの!
雛ママ

生まれつき腎形成不全という病気で闘病生活を続けていたシーズーの男の子が7歳の若さで亡くなった。
半年迷って、保健センターから同じシーズーの男の子を引き取ることに決め講習を受けた。そして、しばらくしてセンターから連絡が・・・飼い主からシーズーが持ち込まれた、と。
その日のうちに会いにいってみると・・・その子は10キロの巨体、太りすぎの子豚のような女の子だった・・・
亡くなった子と同い年だが、その太りすぎの容姿に多少の迷いがなかったといったら嘘になるが、その場でその子を迎えることを決めた。

みなみダイスキ♪

みなみダイスキ♪
mi-goro

01年に保護したみなみと06年に保護したケン。大きさも色も年も全然違うけど、本当の親子のように仲良しです。ケンはいつも大きなみなみの口元をペロペロペロペロ。ほんの数分離れていただけでキュンキュン。みなみが大好きでしかたないらしい。みなみは他の犬にべたべたする子じゃないけど、そんなケンがかわいいみたいで、ケンにペロペロされると、ちょっとイヤがりながらも目が笑ってます。

人気ブロガー犬のネジ

人気ブロガー犬のネジ
seiji

2007年、知り合いが働く施設『ライフボート』で保護されていたネジという犬が家族になりました。
ネジは、私が所属するバンド『サムライボウル』のリーダーになりました。
そしてファンが増え、mixiでは初の犬の有名人公認アカウントを取得しちゃいました(笑)
アメーバブログも盛り上がってます。
ネジのファンは動物が好きな心優しい人達ばかり。
ネジはそんなファンのみんなが大好きです

ずっとこの笑顔と一緒にいたい♪

ずっとこの笑顔と一緒にいたい♪
macoro

友人といる時、道路をフラフラ歩く子犬を見つける。余りの可愛いさに迷わず保護。友人が飼う事になったが、翌日虐めているのを目撃。友人とは縁を切り、里親捜しをする為実家に預ける。大きくなりそうなので飼えない、と言われていたが、翌日には「うちの子にする」と電話あり。その後私も実家に戻り一緒に暮らし始める。家にいる時はいつも一緒。出掛ける時もほとんど一緒。もうコロ無しの生活は考えられないものになった。食事にも環境にも、自分でできる限りの事をしてコロが常に幸せな気持ちでいられるようにと思って暮らしています。

青空の下、共に生きる幸せ。

青空の下、共に生きる幸せ。
こゆき

医療用でない糸で、お腹を縫われていた貴女。
沢山の消えゆく命の中から、私は貴女を選んだ。
『あと三日生きられるか…』と言われた時、空は灰色でした。
それでも、治療をし、今日も明日を見る。
今、空は真っ青です。
貴女の子供達も、きっと何処かで青空をみてるよね。

このとき18歳の宝物

このとき18歳の宝物
のんちのエーチャン

 のんは、山の斜面の水溜りに置かれた犬小屋で産まれていた仔犬でした。私の母が連れ帰り、一度も怒られることなく、素直にのびのびと育ちました。
 その後17歳で私が引き取り、室内犬レディへと急変身!成犬でも自分の寝床やトイレはすぐに覚えるんですね。心を許してこんなふうに笑ってくれるんですね。
 数々の病気を乗り越えて元気にしていましたが、あと1ヶ月で19歳というときに笑って旅立ちました。しんどかったろうに、この子は本当に笑ったんですよ。
 のんの笑顔はずっと私の宝物です。

お世話になったみなさまへ (○´∀`)ノ゙

お世話になったみなさまへ (○´∀`)ノ゙
dinosaur_hana

キースです。
去年の冬に収容センターから、保護団体の方々に引き出してもらいました。
長い期間をかけて、体と心のケアをしてもらい、心身共に絶好調!
元々は、ゴールデンの子犬を探していた父さん母さんが、飼育放棄に関心をもって、「FCR 里親」で検索をかけたことから縁が繋がり、今に至っています。
父さんはネットしてる間、全然かまってくれないから、僕はネット嫌いです。
でも、ネットのおかげで、いい縁が生まれる事もあるからね~
この先、もっと多くの仔たちの、命がつながりますように!

川遊び楽しいな♪

川遊び楽しいな♪
みき

狭いオリの中、繁殖業者に酷使され、うんこまみれで捨てられたちわわのまる。
感情表現の仕方すらもわからない、老齢のこの子に出会えて命とは、そして、日本のペット事情とは、色々と考えさせられ、私自身も成長させてもらいました。

見合って!

見合って!
makabe

澄(すみ)は原っぱで生まれ育ち、多頭飼育現場を経由し、愛護団体からわが家にやってきました。それから3年、同じ愛護団体によってセンターから救出された子犬、妙(たえ)が家族の一員に加わりました。
ひとり静かに過ごすのが好きで、他の犬に対して警戒心も強い澄ですが、妙のことは最初からすんなり受け入れてしまいました。いまでは大の仲良し姉妹。どこかで同じ境遇をたどってきた“仲間”だとわかっているのかもしれませんね。